読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール伊丹昆陽店 シマブロ

島村楽器 イオンモール伊丹昆陽店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ミュージックサロンインストラクターによる【えりな's ミュージックブログ】vol.7

みなさんこんにちは!
ピアノインストラクターの山下です。
このブログも7回目となり、だんだん『“えりブロ”見てます!』というお声も多くいただくようになってきました!
いつも見てくださっているみなさま、ありがとうございます。
今後も私達自身やミュージックサロンの楽しい雰囲気を、
みなさんにどんどんお伝えしていきたいと思っています!

画像

さてさて、今回は前回の肥後のブログからバトンを受けて、
来る5月11日(土)に実施する、島村楽器史上最大の大型クラシック店
グランフロント大阪店オープン記念コンサートの魅力をもっとみなさまにお伝えしたい!
ということで、【ピアノインストラクター山下が語る!コンサートの魅力!】と題して、
当日演奏されるプログラムの中から厳選して、作曲家やその時代背景・聴きどころetc..
魅力をた~っぷりと解説してみたいと思います!

どの曲も名曲揃いで全ての魅力をお伝えしたいところですが、
中でも私がおすすめしたい2曲、ムソルグスキー組曲展覧会の絵そしてドビュッシーの『月の光』について語りたいと思います!
それぞれの作曲家についても併せて、私なりの解釈ですがお楽しみください!

ムソルグスキー 組曲展覧会の絵

画像

ムソルグスキーは1839年生まれ、ロシア出身の作曲家で、
「ロシア国民楽派」という、チャイコフスキーを代表とする西欧音楽に対抗して、
自由なロシア独特の音楽の発展を目指して進んでいたメンバーの内の1人です。
展覧会の絵』は、ムソルグスキーの親友だった建築家であり、画家で、デザイナーである
ヴィクトル・アレキサンダー・ハルトマンという人の遺作展覧会に展示されていた
一枚一枚の絵から受けた印象を音楽で現した全10曲で構成された作品です。
ムソルグスキーは、親友の素晴らしい絵を永久に後世の人々に伝えようと考え、作曲したそうです。
素敵な友情ですね!

この『展覧会の絵』、オーケストラの演奏で聴いたことがある!という方も多いと思いますが、
実はあちらはフランスの作曲家ラヴェルがオーケストラバージョンに編曲したものなんです。
2曲目の「古城」では旋律がアルトサックスで演奏されているので、
サックスサロンの会員様もぜひオーケストラバージョンをチェックしてみてくださいね♪

ドビュッシー 『月の光』

画像

ドビュッシーは1862年生まれ、フランス出身の作曲家です。
ドビュッシーの音楽の特徴を一言で言うならば、“神秘的な響き”!
それまでの音楽で使用されなかった不協和音も、
ドビュッシーの音楽では新しい色彩豊かな協和音として
うっとりするような神秘的な響きの素になっています。
先程のムソルグスキーの音楽にも影響を受け、その音使いを学んでいたそうです。
『月の光』はドビュッシーが20代の頃、イタリア留学で訪れた
ベルガモ地方の農民生活から受けた印象をもとに作曲した
ベルガマスク組曲という作品の中の1曲です。
特にこの『月の光』は、ドビュッシーの作品の中でも最もポピュラーな1曲で様々な場でよく演奏されます。
フランスの詩人ヴェルレーヌの詩集『艶やかなる宴』に入っている
同名タイトルの詩からインスピレーションを得て作曲されたそうです。
演奏を聴く前にぜひ一度詩を読んでみてはいかがでしょうか?

今回演奏されるプログラムは、チラシを一目見た瞬間
『なんだ?!この魅力的で楽しすぎるプログラムは!』
と私自身今まで企画されてきたコンサートの中で、一番目が輝いたほど選曲の素敵なコンサートです♪
CDで聴くピアニストの音源ももちろん素敵ですが、
ホールでの生演奏は現場でしか味わえない演奏者の全身の動きや、
時には息づかいまで聴くことができたりと、絶対に感動間違いなしです!
まだチケットをお持ちじゃないそこのあなた!ぜひ生演奏の感動を私達と一緒に分かち合いましょう!

清水和音×宮谷理香~アコースティックとデジタルによるピアノ名曲選~

グランフロント大阪オープン記念コンサート

日時 2013年5月11日(土) 14:00開演(13:30開場)
場所 サンケイホールブリーゼ西梅田
料金 一般¥4,000 島村楽器メンバーシップカード会員¥3,000
全席自由・消費税込

オープン記念コンサート公式ページはこちら

チケットは店頭にて好評販売中です!お求めの際は肥後・山下までどうぞ。
お電話でもお気軽にご連絡くださいませ。

ブログTOP画面へ戻る

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 イオンモール伊丹昆陽店
電話番号 072-787-8840
担当 肥後・山下
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.